if(=="top"){ echo"メインビジュアル"; }

株式会社コート

  • HOME
  • Q&A 標識Q&A

Q&A 標識Q&A

-------------------------------------------------------------------------------------

道路標識はどこが設置するのですか?

道路標識には

  1. 案内標識
    案内標識
  2. 警戒標識
    警戒標識
  3. 規制標識
    規制標識
  4. 指示標識
    指示標識
  5. 補助標識
    補助標識

があります。このうち、案内標識と警戒標識は国土交通省や都道府県、市町村等道路を管理しているところが設置します。規制標識と指示標識は、警察(公安委員会)と道路管理者が定められたところによって分担して取り付けます。

夜間よく光る標識と光らない標識があるのは何故ですか?

光の反射には1)乱反射 2)鏡面反射 3)再帰性反射があります。

反射の種類

反射の種類

道路標識の文字や図柄を書いてある表面には、光の入ってくる方向に光を返す再帰性反射シートを使っていますので、夜間の道路標識は、皆さんの乗っている車のライトを受けて皆さんの方に光を戻しているためです。


再帰性反射の原理

再帰性反射の原理

反射シートには

がありますが
1)よりは2)、2)よりは3)の方が明るく見えます。最近では反射シートと蛍光物質を組み合わせた蛍光プリズムレンズ型反射シートも一部で使用されており薄暮、夜間時に威力を発揮しています。なお、一般の標識には、反射シートを使っていないものもあります。



HOME
Copyright (c) 2006 koto All Rights Reserved